• HOME > 特集 > やっぱり巨乳!皆大好き巨乳美女が登場するエッチな漫画特集!

やっぱり巨乳!皆大好き巨乳美女が登場するエッチな漫画特集!

日々エロいことを考えているエロ紳士の皆さんこんばんわ。
突然ですがみなさん、巨乳…好きですよね?

おっぱいの大きさにこだわりがある男性はたくさんいますが、特に大きいおっぱいが好きな巨乳好きの方は多いでしょう。
今回はそんなエロ紳士たちのために、魅力的な巨乳キャラクターが登場するエロコミックを特集していきたいと思います!
これを読んでくれた方が好みの巨乳キャラクターと出会えるようにまとめていきたいと思うので是非、作品探しの参考にしてみてくださいね!

やっぱり男は巨乳が大好き!

さっそくコミックをご紹介していきたいのですが、ただ紹介するのも面白くありません。
そこで今回はおっぱいの大きさを分類分けしてご紹介していこうと思います。
しかしエロコミックはカップサイズが設定されているキャラクターが実は少ないんですね。
なので今回は私の独断と偏見で下記のように分けてみました。

巨乳

タイトルに巨乳と入っていたり漫画内の登場人物が「大きい」と表現しているおっぱい。
現実にいたらGカップ以上に見えますが、2次元だと「ちょっと胸が大きい」くらいの感覚で描かれることが多いです。
巨乳ジャンルでなくてもエロコミックでは全般的に多く見かけるサイズです。

爆乳

漫画内でも「かなり大きい」と登場人物が表現しているおっぱい。
エロコミック内でも爆乳モノというのを売りにしてる作品が多く、タイトルに含まれているものもあります。
超乳との違いはイラストのバランスが良いということです。

超乳

漫画でも「かなり大きい」と登場人物が表現しているおっぱい。
胸だけでなくお尻や身体も大きく表現されている場合が多いです。
爆乳との違いは、現実世界だと不自然にも見える過剰な表現で描かれるキャラクターデザインです。
好きな人はどっぷりハマるおっぱいですね。

基本的に2次元のおっぱいは過度に描かれますが、ざっくりわけるとの3つ。
あなたの好みはどれだったでしょうか。

巨乳キャラクターが出てくるオススメコミック!

それではお待ちかねのコミックの紹介をしていきましょう!
巨乳作品は最も作品数が多いので爆乳・超乳を中心に集めてみました!

巨乳コミック

乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避!

女の子ばかりの乗馬部に入部した主人公が薬を使ってハーレムライフをするという作品です。
明るい雰囲気の作品でかわいらしい女の子のイラストが魅力的。おっぱいの質感も張りがあっていい感じです。

爆乳コミック

淫靡テンプテーション

おっぱい好きのためのオムニバス作品。
爆乳好きにはたまらない動きのあるイラストが魅力の作品で、おっぱいの迫力が違います。

秘密の痴漢指導~先生、これってセックスじゃないですか?

メインテーマは痴漢では無いですが、この迫力は十分おっぱいマニアにも響くはず。
紗江の表情ややわらかそうなおっぱいがたまりません!

ヒナミックス

ポップなイラストで描かれる爆乳作品。
オタクばかりの生徒会に突然可愛らしい巨乳美女がやってくるという内容で、ストーリーも面白く楽しんで読む事ができます。

びしょ濡れヨガり妻~気持ちいいツボ押さないでぇ…!

ヨガ教室を舞台に、イケメンインストラクターにエッチなことをされちゃう爆乳作品。
とにかくキャラクターがエロくて良いです。エッチシーンは迫力の一言!

超乳コミック

挿レ喰イ 堕ちた妻たち

人妻の妖艶さがきわだつ超乳作品。超乳作品はメインテーマがおっぱいでないものが多いです。
この作品の良さはやっぱり身体の塾した人妻が墜ちていく様。
超乳はサブ要素ですが十分おっぱいを楽しむ事ができます。

NTRサイトに堕ちた人妻?見られて美味しい他人棒が好きッ!

マンネリ化した夫婦の営みを取り戻すめNTRサイトに手を出すカップルの話。
これもおっぱいがメインテーマではありませんが、シチュエーションやイラストも良く個人的にはかなりの良作だと思います。

人妻交姦ゲーム!~ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで…~

夜の営みが無くなった夫婦が、隣に引っ越してきた若い夫婦にそそのかされスワッピングプレイをするという話です。
こちらもメインはスワッピングですが、お隣さんや旦那さんに翻弄される主人公のおっぱいがたまりません。

まとめ

今回このテーマをまとめていて気づきましたが、おっぱいのサイズが大きくなるにつれて人妻モノが多くなるということに気づきました。
人妻の包容力やアダルトな女性の魅力がおっぱいの大きさに比例するのでしょうか。巨乳好きとしては興味深いテーマです。
みなさんはお気に入りの作品を見つけることができたでしょうか?
まだ読んでいない作品があったら是非読んでみてくださいね!