叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて

無料立ち読みはこちら

評価 星4個

レビュー数:1 件

詳細評価を見る

総合評価

評価 星4個

イラスト

評価 星3個

ストーリー

評価 星4個

エロさ

評価 星4個

※評価点の算出方法について

当評価点は、読者の皆様から投稿頂いたレビューの平均点を参考に算出しております。
この作品をお読みになった方は、是非ともレビュー投稿を頂ければ幸いです。

作品紹介

あらすじ

5年ぶりに再会した叔母さんは美人で優しいままだった…。変わったのは、幸平が男の子から男へ変わりつつあった事だ…。エロい叔母の体に我慢出来ず、行動はどんどんエスカレートしていき!?

ココがみどころ!

  • 美人の叔母さんのエロさ!!
  • エスカレートする甥の行動!!
  • 周りにバレないかのドキドキ感!!

キャラクター相関図

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 相関図

キャラクター紹介

幸平

美人の叔母に恋心を抱く思春期の男の子

恭子

幸平の叔母。子供だと思っていた幸平に戸惑う

まんがるー編集部のレビュー

このレビューはnagooが書きました!

叔母さんとのエッチ、アダルト動画などではよく出てきますが、コミック漫画でもお馴染みです。

「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」も、叔母さんとのエロシーンがたくさん詰まっています。

キレイな叔母さんが近くにいたら、我慢できなくなるのは仕方ないかもしれませんね。

凄いシチュエーション

「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」は、主人公が叔母さんの家に遊びに行くところから始まります。

主人公の幸平は、ある初夏の日に恭子叔母さんの家に遊びに行きました。

この恭子叔母さんは、幸平の母親の妹さんです。

叔母さんは、現在宮田家に嫁いで夫婦二人で暮らしています。

その家が山の中というのも、凄いシチュエーションではないかと思います。

山の中=エッチという発想が出てくるのは、何も私だけではないと思います。

どうしてそのような山の中で暮らしているかというと、それは恭子自身が希望したからです。

夫が希望したのではなく、叔母さん自らが希望したというのは驚きです。

ということで、恭子叔母さん夫婦は山の中で暮らしていますが、そこで様々な出来事が起こります。

幸平は幼いころ恭子に遊んでもらっていたので、深い思い入れがあるのかもしれませんね。

また恭子自身も親戚だということで、幸平をとても気に入っていました。

叔母さんの家に

幸平が乗った車は山道を抜け、4時間かけて恭子の自宅に到着しました。

家に到着して「ピンポーン」とベルの音を鳴らすと、玄関から恭子が出てきます。

久々の再会ですが、幸平は思春期ということもあり少しモジモジしていました。

目の前にキレイに叔母さんがいたら、誰でも幸平のような気持ちになると思います。

長時間のドライブだったので、すでに夕方を向かえていました。

そこで恭子の自宅で夕食を取り、昔の話で盛り上がりました。

もちろんその場にはお酒もありますので、皆さん良い気分になったのは言うまでもありません。

私がこのような場にいたら、間違いなくエッチな気分になっていたと思います。

皆さんも、そうではなかったかと思います。

久々の再開でしたので、話がとても盛り上がったようでした。

幸平や叔母さんも良い雰囲気になり、大人の男たちはお酒を飲んでそのまま眠りに入ってしまいます。

叔母さんが幸平の上に…

家族が眠りに入ってしまい、そこには母親、恭子、幸平の3人だけになりました。

前半はエッチなシーンはなく平凡な物語でしたが、いよいよエッチシーンかと連想させるような場面ですよね。

ここまでくると様々なことを考えてしまいます。

夕食の後片付けをしたあと休むことになりますが、そこは簡単に終わりません。

そして幸平が、恭子夫婦の寝室に布団を取りに行った時のことです。

叔母さんが布団を押し入れから出そうとしている後ろ姿を幸平が見ていた時、恭子はつまづいて布団と一緒に倒れてしまいます。

その布団と一緒に、幸平も巻き込まれてしまいます。

ここが良い場面ではないかと思います。

エッチなシーンを想像した人も多いのではないでしょうか?

皆さんが想像する通り、幸平は恭子の上に被さるようにして倒れかかります。

思春期の幸平ですから、年上のキレイな女性が側にいたら我慢できないでしょう。

キレイな叔母さんを抱いた経験がある方に、「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」をぜひ見てもらいたいです。

フルカラーですので、とてもキレイですよ。

エッチシーン

布団と一緒に倒れかけた幸平は、恭子の大きい胸の谷間に顔をうずめます。

思春期の幸平は興奮どころの騒ぎではなく、ビンビンの状態だったと思います。

憧れの恭子叔母さんのおっぱいが目の前にいるからです。

そしてそのまま、吸い寄せられるような感じで顔をうずめていく幸平でした。

幸平になってみたい、多くの人たちがそう思ったのではないかと思います。

もちろん私も同じ気持ちです。

幸平になって叔母さんに抱き付いてみたいと、その時は思いました。

「ゴメンね ベッドにつまづいたわ」、「こーちゃん大丈夫だった?」と、このようにしてエッチシーンに入っていきます。

ここまで見て興奮した人も多いと思います。

私の股間もすでにビンビン状態でした。

エロ漫画は、やはりエッチシーンが楽しみですよね。

このレビューはnagooが書きました!

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて

無料立ち読みはこちら

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてのレビュー

通りすがり

通りすがり

2017/04/10

俺の叔母さんはオバちゃんばっかで羨ましく見てました…。思春期を思い出させてくれす作品です!!

総合評価
評価 星3個

イラスト(3/5) / ストーリー(3/5) / エロさ(3/5)

レビューの投稿はこちら

お稲荷さん先生の他の作品

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて ネタバレ

この先ネタバレ注意!

「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」ネタバレ

「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」は、幸平とキレイな叔母さんとのエッチな物語です。 漫画に出てくる叔母さんの恭子は、Tシャツ、ジーンズというラフな格好で幸平と再会します。 漫画では、この時の出会った恭子のルックスがとてもセクシーに見えます。 そしてTシャツのシルエットから見る限り、かなりの巨乳ボディであることが想像できます。 この辺りに、かなりのエロさを感じます。 また思春期を迎えた幸平が、大人に成長していく過程をしっかり読み取ることができます。 男なら誰でも一度は通る道なので、共感する人は多いと思います。 魅力的な大人の女に発情する幸平ですが、その気持ちが留まるのを知らない幸平の欲望が見どころです。